キービジュアル

運営法人

運営法人について

NPO法人 学童保育の会・この指とまれについて

「特定非営利活動法人 学童保育の会・この指とまれ」は、保護者と指導員(スタッフ)が運営の中心となり、働く父母のニーズに柔軟に応え、こどもたちが健やかに成長できる手作りの保育の場をめざして2003年に16人の有志と保護者によって設立されました。

福祉事業としてではなくNPO法人として運営することには、一方的なサービスではなく、保護者や地域住民による参加型の学童クラブとするために重要な意味があります。

NPO法人 学童保育の会・この指とまれについて

NPO法人 学童保育の会・この指とまれについて

代表メッセージ

河崎 達也

代表理事河崎 達也

「今日は何して遊ぶ?」
息を切らして部屋にとびこんでくる元気な子どもたちの声で、今日も風の子シュワッチがはじまります。
シュワッチは、2004年に保護者と指導員経験者によって開設された民間の学童です。名前には、学校が終わったら「シュワッチ」と飛んで帰ってきたくなる学童をみんなで作りたい、という願いが込められています。
保育目標は「一人前の子どもになる」こと。
スタッフと保護者が一体となって、子どもたちの健やかな成長を目指して保育を行っています。また、理事会や運営に保護者が積極的に関わって意見を取り入れることで、高学年保育など、先駆的に保護者のニーズに柔軟に応えてきました。

シュワッチの取り組みは、学童内にとどまりません。日々の保育活動、季節のイベントを通じて、子ども、保護者、スタッフ、学童OB、保護者OB、地域の方々とのコミュニケーションの機会を大切にしています。このことが、多世代交流や、地域との「たて・よこ・ななめ」の人のつながりを作り、ソーシャルキャピタルの醸成に通じていると感じています。
シュワッチは、地域の中で、子どもの成長を見守る「基地」でありたいと思っています。
ぜひ一度、シュワッチの元気な風を感じに来てください。

※ソーシャルキャピタルとは「信頼」「お互いさま」「絆」による社会的な資本のことで、地域がつながり、よいコミュニティを作ることで全体の健康度があがるといわれています。(厚生労働省HPより)

沿革

1990 保育所の保護者OBらにより、西千葉エリアに最初の子どもルームが誕生
2000 ほとんどの子どもルームが公設化され、社会福祉協議会の運営になる
200310 子どもルームの保護者OB・指導員OBにより、法人設立総会
200404 風の子シュワッチ開設
200405 第2種社会福祉事業の届出が受理される
201202 現在の「THE 30th」に移転
201405 設立10周年を迎える
2017 市の補助事業者第一号に

団体情報

団体名 特定非営利活動法人 学童保育の会・この指とまれ
所在地 千葉県千葉市稲毛区黒砂2丁目7番24号
設立 事業報告書
定款【PDF】
設立趣意書【PDF】
代表理事 河崎 達也
事業報告書 2018年度【PDF】

入会案内

「学童保育の会・この指とまれ」は、会員として活動を支えてくださる方を募っています。
私たちの活動に賛同いただけましたら、ぜひ会員となっていただき、
共に「学童保育の会・この指とまれ」を作り上げていきましょう。

会員種別

正会員 会費は1,000円/年です。
正会員は、当会の正規の構成員として総会への出席していただくなど、積極的に役割を担っていただける方にお願いしております。
サポート会員 会費は2,000円/年です。
サポート会員は総会出席義務はなく、財政的に当会を支え、見守ってくださる方にお願いしております。

入会をご希望の方

以下お申込フォームから「入会申込」を選択してお申込みいただくか、
お電話にてご連絡ください。

WEBでのお問い合わせ

申込・問い合わせ

電話でのお問い合わせ

043-243-5218